Meltice Family Ver.2.2.4-2016.11 公開のお知らせ

 50_A.S.L.Info, 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver.2.2.4-2016.11 公開のお知らせ はコメントを受け付けていません。
11月 262016
 

Meltice Family Ver.2.2.4 16周年記念を公開しました。

具体的には Frostice Ver.2.23.1 の正式反映 (Ver.2.24.0 になってます)、ドキュメントのリンク切れ・セキュリティ情報の更新、MIFVEREX.DLL における「Windows 8.x/10 表記対応」くらいでしょうか。

また、掲示板やWikiが白紙状態だったり、メールをあんまり見れていない事情で、@asaasa ツイートにリプライ飛ばしても OK ということにしました。要望、感想などあれば、飛ばしてくれれば何らかの反応を当ブログなどでするかもしれません。(基本的にリプライは身内にしかしていないのでご了承くださいまし)

Ver.2.3.x Beta 予定 / ページ構成変更など

 53_Meltice-Family  Ver.2.3.x Beta 予定 / ページ構成変更など はコメントを受け付けていません。
8月 082015
 

「sourceforge.jp が osdn.jp になりました (2015/05/11~)」「Windows 10 が正式にリリースされました (2015/07/30~)」

以上の状況をふまえ、Meltice Family のページ構成、Wiki+ 方面の軽度メンテナンスを行いました。

私的な諸事情もあり負荷を軽減したいため、トップページは WWWC メタタグの更新といった用途以外では原則、Wiki+ に統合していく予定です。

詳細は未定ですが、大雑把に今考えてることはこんな状況です。

 

  • 次期バージョン (Ver.2.2.3-2015.09 みたいな感じになるでしょう) : Frostice.mxd 差し替え、osdn.jp 変更や各種リンク切れのFix
  • 次期 Beta テストバージョン : Ver.2.3.0 ~ ただし Ver.2.1.x と異なり、大規模な変更は予定していません。
    • Windows 98-XP/2003、Windows Vista/2008-7/8.x/10 といった感じで Express Pack が二分されます (Classic Pack / Nv+ Pack と仮称)
    • ポータブル版 “Air” を新規に作成予定です。
    • 単体配布版、Standard Pack、Mix Pack は Ver.2.3.x Beta 以降、廃止します。
    • cab/gza/bza/jak はダミーDLLが規定で入り、明示的にユーザーが利用するよう設定しない限り無効となります。 (Secure.mxd という仮称mxdと、caldixにて対応?)
    • Windows 95方面については、Ver.2.2.2-2.2.3 で Borland C++ 5.5.1 / Visual Studio 6.0 でのビルドテストをしていないため、保留してます。(MIFVEREX.DLL 以外では復活も検討?)
    • Windows NT 4.0 SP1-SP5 方面での動作検証、現在進行中です。
  • Ver.2.4.0 は公開の目処として、2016/02/01 くらいを目標にしたいと考えてます。

ざっくり、こんなところでしょうか。

追伸:
山銀さんのサイト http://www.gwits.net/~yamagin/ がたぶん数年レベルでリンク切れしてました。なおしました…
Caldixつくった人が実質雲の上な状態になってしまった事情のため、リンク外しました。

sourceforge.jp -> osdn.jp 変更予定対応等

 50_A.S.L.Info, 51_OnlineSoft, 53_Meltice-Family  sourceforge.jp -> osdn.jp 変更予定対応等 はコメントを受け付けていません。
4月 162015
 

先日のエイプリルフールで「slashdot.jp すらど になります」というネタがありましたが、それと合わせ技で「slashdot.jp はすらどに、 sourceforge.jp は osdn.jp になります」というプレスリリースが出ています。よって、 A.S.L. においても、現状 Meltice Family 方面が思いっきり影響がでる見込みです。

// 「あどり」名義ではなくて「漁港の提督」名義で動いてる kisa10 もおもいっきり巻き込まれますが、
// あちらは不幸中の幸いで、まだマトモな成果物がなーもできていません。

ということで、おそらく2015/05/11 以降、 meltice-family.sourceforge.jp は meltice-family.osdn.jp にリダイレクトされるようになるそうです。(ドメインは維持されるっぽい)

ついでなので、トップページと新Wiki方面、今夜いろいろいじって公開し、既存の14年弱お世話になったWikiは「旧Wiki」とすることにしました。これをもって、個人的に保有するWikiはすべて PukiWiki系が PukiWiki Plus! に移行完了した状況です。

今後の予定ですが、新Wikiにも書きましたが…
– Mix Pack 廃止。 Portable Pack ないし Meltice Family Air(仮称) の再浮上
   * Win9x/NT4/2k/XP がサポート終了になったことに伴う「個人的需要浮上」による。
   * セキュリティ観点から、 CAB32.DLL / BGA32.DLL の「Ver.255.88」を返すダミー DLL を同梱予定です。
    (なお、再配布しない「個人的バージョン」にはCAB32/BGA32の最終バージョンという流れになるとは思いますが…)
   * UNRAR32.DLL Ver.0.12 (最新じゃない理由は後述)を追加同梱予定。
   * caldix / dblclick については「同梱ありません」。
   * unlha32 7-zip32 zip32j系 tar32 unrar32系 が同梱、bga32/cab32はDTV対策の橋渡しDLLと本体Ver.255.88を返すダミーとして同梱みたいな。.exeと同一フォルダになります。
   * アンインストーラ無し。展開のみ。
   * 内容的に普通の sfx でよさげ。Win98Gold/NT4.0SP1 で動作することを前提として、現在調査中。
– Express Pack 更新
   * Frostice.mxd 2.23.1 差し替え (lzh方面のDOS/Win3.1互換性確保の臨時アップデートの正式反映)
   * UNRAR32.DLL Ver.0.12 (W95/NT4対応の旧バージョン) の同梱予定。
   * ほか、既存の Express Pack 同梱済み DLL のアプデ対応。
   * こちらは特に Ver.255.88 のようなダミー DLL などの措置はしない方向です。
– ドキュメント更新
   * 2015/05/11 を待ってみないとなんとも言えませんが、たぶん URL が全部 osdn.jp になるのかな、と。
   * UNLHA32.DLL の公式がたぶんリンク切れ。他、リンクチェック等対応。

こんなところですか。
(なお、2007年から生息している Twitter 方面には、圧縮解凍ネタと本業ネタと某リバり案件については NG ワード、禁則事項、発言禁止自粛をしいているため、こんな感じでblogまとめるしかないのでありました)

Meltice Family Air (仮称)な予定

 53_Meltice-Family  Meltice Family Air (仮称)な予定 はコメントを受け付けていません。
10月 042014
 

ついったーのTLがWindows 10でうめつくされる事態になったので、さっくりテクニカルプレビューをかじってみました。個人的には8.xよりよくなってる気がしないでもないです。

とりあえず、Begin! Setup が Windows Vista で開発終了・サポート終了状態なので、別のインストーラを思案中でいます。Windows XP/Vista以前は互換性の観点から、既存のパッケージのままにしようかなと思ってますが。

現状、「特急の上といえば空路じゃない?」というので Meltice Family Air (仮称) という名前にして、インストール場所(Program Files以下だとWinVista以降でバーチャルストアにiniがおかれる問題)を C:\Programs\Meltice みたいな感じで変更して、ということを考えています。

あとは Meltice Family Air Portable (Caldix抜き、主要DLLコミコミ、DLLは同一フォルダにインストール)という案もあります。というのも、Windows XP以前のOSがサポート終了でネットにつなぐのはセキュリティ上まずい >> caldix で DL するのはどーなの?という感じですね。Express Pack に準じるバンドルなら問題はなさげなので、ちといろいろ考えてみます。

※なお、作者のメイン環境はいちおう Win7 のままです。段階的に8.1への移行はすすめつつありますが、まだメインで使うレベルになっていません。

余談。Meltice Family のうぃきのトップをすっきりさせました。ウナギの寝床すぎたので。

Frostice.mxd Ver.2.23.1 Diff 公開のお知らせ

 53_Meltice-Family  Frostice.mxd Ver.2.23.1 Diff 公開のお知らせ はコメントを受け付けていません。
7月 072013
 

こん**は。

個人的に MS-DOS / Windows 3.1 をいぢくる課程で、lzh + DOS8.3 方面の問題があることがわかったため、Frostice.mxd を Ver.2.23.1 として臨時アップデートしました。ただし、Windows 98/Me or Windows 2000/Xp 系(7/8.xを含む)においては12年以上問題が今まで顕在化しなかった(笑)という事情もあり、差分公開としています。

– 具体的には、DOS の MIEL というページャーが lzh 直視機能でヘッダLv1 しか
 サポートしないので、UNLHA32.DLL 規定のヘッダLv2圧縮だとファイル名が
 「、Ex」という2バイトの文字化け状態になる現象で、
 LHa 2.55b による解凍は問題ないのですが、他で問題が起こりうるだろうな、
 と想定されました。
– UNLHA32.DLL の Micco さんからの助言?系ツイート(1 / 2 / 3)もあり、調査結果、
 Frostice を手直しするのが手っ取り早いだろうな、と考えました。
– DOS8.3 lzh 時に -h1 -i0 オプションを追加で渡すようにしただけで、
 他の処理部分の変更はしていません。
差分ファイル (自己適用可exe) は WDiff を用いて生成しました。
 作者の中川哲裕氏に感謝しています。

ダウンロードは sourceforge.jp の Meltice Family プロジェクトページ、ないし Meltice Family 公式の掲示板経由で行って下さい。

Continue reading »

Meltice Family Ver.2.2.3 リリース準備完了のお知らせ

 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver.2.2.3 リリース準備完了のお知らせ はコメントを受け付けていません。
11月 212012
 

2012/11/21水曜日暮れ時~夜はやめの時間帯に、Ver.2.2.3 (正式バージョン名は Ver.2.2.3-2012.11FR) の準備が完了しました。

11/26 0:00 をもって、正式に http://sourceforge.jp/projects/meltice-family/releases/ ならびに公式サイトにて配布ファイルを公開する予定です (前者については、時間がきたら自動的にリンクが解禁となります)

.tar.xz への正式対応をおこないました。また、とくに明記はしていませんが、細かいバグの修正も(致命的なバグは見つかっていないため、本当に気がつきにくい「ちょっとしたレベル」の問題修正 と思ってもらえれば)

最近、blog方面での報告がおざなり気味でしたので、予告とリリースそのものの報告をかねてのエントリ更新です。ご意見などがあればサポート掲示板までよろしくです。

Meltice Family Ver.2.2.2-2012 リリース準備完了のお知らせ

 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver.2.2.2-2012 リリース準備完了のお知らせ はコメントを受け付けていません。
4月 272012
 

Ver.2.2.2 のリリース告知をblogで行うことを忘れていたことをまずお詫びさせていただきますm_ _m

さて、2012/05/01、Ver.2.2.2-2012 というバージョンで最新バージョンの Meltice Family をお届け予定です。

  • 7-ZIP32.DLL / TAR32.DLL / EXEpressCX 最新版への差し替え
  • 最小化ボタンのご要望を(今更かもしれませんが)実装。
  • マルチモニタの仮対応(個人的に必要になったので。右シフトキー押下しながら起動で2ndモニタに移動可能に)
  • ドキュメントエラーの修正

ざっくり、こんな感じのアップデートの予定です。詳細はWikiにすでに書きましたので、そちらを参照してください。

今回は「~~Edition」から「~~Pack」への変遷という過渡期のため、「詰め合わせ」3種のみの更新です。単体配布については、リクエストがあれば後日対応するかもしれませんし、そのままかもしれません。サポート掲示板やblogコメントなどで反応していただければ助かります。

blogの統合各種を行いました。

 01_Days, 50_A.S.L.Info, 53_Meltice-Family  blogの統合各種を行いました。 はコメントを受け付けていません。
7月 262011
 

こんばわですよー。 asaasa.tk/diary/ という放置しっぱなしのblogがあったのを気にかけていたのと、はてなダイアリーも2010年春以来放置しててなんだかなあと思っていたので、思いっきり統合しちゃいました。

仕様は以下のとおりとなります。

  • asaasa.tk 配下のblog2つの統合
    • あさあさ日記 ( asaasa.tk/diary/ ) を asaasa.tk/blog/ が正式に継承する。更新頻度がもともと高くなかったため、 diary ディレクトリは削除対応とする。
    • A.S.L.開発日誌 (asaasa.tk/asl/blog/ ) はこのblogに統合する。雑多な技術ネタは 05_tech 何らかの配布予定のソフトに反映されそうな技術とかメモとかは 52_devlab というように、使い分けは行う。
    • 開発日誌は旧URLでもアクセスは可能であるが、転送である。
    • ソフト関連についてはaslまたはその子カテゴリに必ず属している。A.S.L. サイト運用に関してのみ、 aslカテゴリそのものが適用される。
    • 開発日誌については、圧縮解凍ソフトに関しては「あどり」名義でblogを記述する。 A.S.L. 全体告知、ならびに 2011年以降の「圧縮解凍」に関わらない新規プロジェクトはすべて「あさあさ」名義で動く。
    • 「あさあさみっくす」は asaasa で名前がかちあった場合のユニークネームであり、本 asaasa.tk では原則として使わない。(例外:今回みたいなblogの統廃合・大規模な変更があった場合の管理人モードとしてのアナウンス)
    • 名義人が複数いるが中の人は一人。でもあさあさ「みっくす」じゃないのよね、というヘンテコな事情から、blogタイトルは逆に 「みっくす」ぶろぐ としてみました。
  • 旅行日記はかつてvox.comが担当し、今は担当できるblogがなかった状態にありますが、本blogが受け皿となります。
    • 残念ながら vox.com はサービス終了でデータが吹っ飛んだため、過去エントリの復刻はありません。
  • あさあさみっくす日記@はてなダイアリー (2010/04より更新停止状態、2011/07より非公開モード) の本blogへの統合
    • 明らかに水増しになっていた「起床/就寝記録」「blogpet関連」「読書日記」「映画鑑賞日記」「食事日記」はインポートから除外 (厳密にはインポート後にまとめてばっさり削除)しました。
    • インポート時点で1970/01/01になってしまうエントリ (0時=24時にうpした日記にこうなる傾向があるみたいです) は30前後、非公開エントリとし、手動で気が向いたときになおしていきます。
  • ネトゲblog ことあきゅぶろぐ@So-net blogの統合
    • ゲームのすくしょに関してはサーバー容量を圧迫するため、asaasa.tk にはあげない方向。
    • 2011/07/25 をもって、DIVINA に関するプレイ日記は So-net からは撤退し、本blogのみで行います。
    • うpは みっくすぶろぐ で先に行い、後で あきゅぶろぐ がミラーする形。
    • 投稿者は基本的に 「あきゅ」名義ですが、 「ふ~にゃん」名義で投稿することもあるかもしれません。ふ~にゃん名義はギルドマスターとしての告知専用のアカウントであり、そのエントリは あきゅぶろぐ にはうpされません。
  • 統合予定 : slashdot.jp/asaasa_mix/ 以下の日記 (のちに統合予定をキャンセルしました)
    • 数が少ないため手動インポート対応が可能であると判断しました。
    • 縛りが厳しいので、下書きだけはこちらに先にやってしまおうという寸法。課されている制約は以下のとおり。
      • 正時縛り。xx時00分にうpしなければならない。 ( あどり@slashdot.jp 時代の縛り継承)
      • トピックは出来る限り未使用のものを使わなければならない (別の某ネタ取得アカウントでの縛り継承)
      • 漢字5文字で意味のとおる題名にしなくてはいけない (トピック縛りとは別のすらどアカウントの日記縛りの継承)
  • マイクロブログ(Twitter / Wassr) の統合予定はありません。Twitter 上のつぶやきツイートについては twilog でどーぞ。
  • mixi内部のブログは個人情報が多く、不特定多数向けに書いていないという性質上、今回の統合から無視します。それ以前に、mixi自体が中の人にとってオワコンになりかかって(ry

まーこんな感じです。  管理人アカウントで書くのは基本的に鯖関連で大きくいぢったか、今回みたいなblogの節目のときくらいで、あとは「あさあさ」「あきゅ」「あどり」といった投稿者のお名前でよろしくお願いするかたちになるかな、と。

であであノシ

生存報告と、今後のMeltice Family 2.2.2/2.2.3の予定について

 53_Meltice-Family  生存報告と、今後のMeltice Family 2.2.2/2.2.3の予定について はコメントを受け付けていません。
11月 232010
 

2008年5月から2年半、ここ放置状態になっていましたね…というわけで、おひさしぶりです。最近は「あどり」の名前を名乗ることもしてないので、この名前にも違和感を感じるくらいになりましたw
# ドメインや/.jpやTwitterのアカウントなど、すでにメインは苗字由来のハンドルに切り替えてますので。
まあ自分の数年以内の死亡(2008年春~2010年夏の間はその危険性が断続的に襲いかかっている状態にありました、現在は暫定的にFix済み)を想定していろいろと手は打ったつもりではいましたが、さすがに2010年秋のDLL読み込みの脆弱性 (Meltice Family ばかりではなく DLL の動的リンクを行う全Windowsアプリが対象)ということまでは想定外でして。というわけで、2010年11月いっぱいを目標に、DLL読み込みの脆弱性に関する修正を Meltice.exe / Frostice.exe&mxd / DblClick.mxd / MIFVEREX.DLL で行います。
DblClick / MIFVEREX に関しては2010年秋に報告されている脆弱性とは無関係だとは思われますが、念のため対策しておく予定です。
また、Meltice Family Express Edition Ver.2.2.1a にバンドルしているDLLもリリースが2009/04/20(1年半経過)というわけでだいぶ古くなっているため、更新を行います。ただし、TAR32.DLL が最新版では Win95/NT4.0のサポートを打ち切っているため、TAR32.DLL に関してのみ Ver.2.30 の旧バージョンを収録予定です。
1年半ぶりのいろいろな更新ということで、月末くらいを目処にしたいところです。いろいろと忘れてしまったので、過去の自分のソースの解析もしないとです。
セキュリティ修正優先で「動かないバージョン」リリースする本末転倒になってしまっても問題なので、慎重かつ迅速に対応したいところです。
セキュリティ修正のバージョン 2.2.2 をリリースし、問題が2週間ほど報告されなかったら、tar.xz / tar.lzma の圧縮解凍対応の 2.2.3 (TAR32.DLL Ver.2.35の新機能)にとりかかる予定。当初はこれも 2.2.2 でやろうとしましたが、あまりに変更項目が多くなりすぎても「動かないバージョン」「大バグを埋め込んでしまい切り分けに苦労」なんてことになりかねないため、2.2.2 では見送ることにしました。
アップデートがありましたら、また本エントリやMeltice Family 公式サイトにて告知を行います。

Meltice Family Ver.2.2.1 を公開しました

 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver.2.2.1 を公開しました はコメントを受け付けていません。
5月 012008
 

5/1 の朝、Meltice Family の新バージョンである Ver.2.2.1 を公開しました。
blog の更新を忘れておりまして、この場での報告が遅れましたことをお詫びします。
今回の更新にて、Windows Vista にほぼ対応となりました。関連付けしたはずができてない、というトラブルは Ver.2.2.1 では発生しなくなります。
また、@ ではじまるファイル・フォルダの圧縮に失敗してしまうバグがありましたが、その修正も行っています。その他、細かい修正を行っていますので、アップデートの詳細はUPDATE.TXT 等 (WIKI にも更新内容は書いています) を参照してください。

「USBメモリ速攻活用術」掲載情報に関する補足

 53_Meltice-Family  「USBメモリ速攻活用術」掲載情報に関する補足 はコメントを受け付けていません。
11月 152007
 

2007/10/24、毎日コミュニケーションズより「無料ソフトを入れれば2,048倍ベンリに! USBメモリ速攻活用術」というムックが発売されました。Meltice Family が作者公認で掲載されているのはこの書籍が初となります (ドキュメントにも記載がありますが、収録理由無き収録許諾メールは返信しておらず(返信無しは収録拒否扱い)、故にこの書籍より前に Meltice Family が掲載されている書籍があった場合は無許諾掲載になります、たぶん無いでしょうが…) このエントリは、見本誌を受け取ったとの報告エントリと、サポートを兼ねたエントリとなります。コメント、サポートはMeltice Family サポート掲示板 までどうぞ。
さて、この書籍については USB メモリでの持ち運びを主眼としていますが、書籍の記述をそのまま信じてしまうと「インストーラを動かした環境では正常に圧縮解凍できるのに、持ち運び先PCでは解凍しかできない!」という状況になることが考えられましたので、この場で補足説明します。
掲載位置は以下の通りです。
第四章 暗号化などファイル操作
携帯しやすい圧縮解凍ソフト「Meltice Family Deluxe Edition」 (P.60, 61 見開き)
書籍の記述は、スクリーンショットから推察するに、Deluxe Edition と Express Edition が混在している状態と思われます。よって、統合アーカイバプロジェクトの DLL に関する記述が完全に抜け落ちています。(UNLHA32.TXT は Deluxe Edition には含まれていません、UNLHA32.DLL をバンドルしていないからです)
おそらく、そのままでは圧縮作業ができないでしょうから、以下の操作を行い、統合アーカイバ DLL を USBメモリなドライブ(Meltice を導入した場所と同じ所) にインストールしてください。
1. USB メモリ内の CALDIX.EXE を起動
2. [カスタム(上級者向け)(C)] を選択し、[開始] ボタンをクリック
3. DLLをインストールするディレクトリに G:\Meltice (一例、USBメモリ上のMeltice導入フォルダ) を指定
4. 必要な DLL (通常はすべてチェックオンで構いません) をチェックします。
5. [実行] ボタンをクリックします。
6. cldx フォルダは USB メモリから削除するか、USB メモリ外のどこかに移動します (2MB程度)
余裕のある方は 偽ZIP32J.DLLも USB メモリに入れておくともっと幸せになれるかもしれません。

Meltice Family Ver.2.2.0.3a を公開しました

 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver.2.2.0.3a を公開しました はコメントを受け付けていません。
8月 152007
 

先ほど、Meltice Family の最新バージョンである Ver.2.2.0.3a を公開しました。ダウンロードは Meltice Family Webpage からどうぞ。
Meltice.exe Frostice.exe Frostice.mxd 等、Meltice Family そのものの更新はしていません。Ver.2.2.0.3 のままです。2007/04/01 以降は開発凍結中という状態ですので、2007/01/28 のバイナリをそのまま収録しています。よって、バージョン番号は据え置きで末尾にささやかに「a」を追加させていただきました。
Deluxe Edition のインストーラが Windows 95 で動作しないという問題を解消しています。
また、ドキュメント(README.TXT / MANUAL.TXT)にいろいろ追記しました。Windows Vista 系の情報などが必要であれば、エディタでマニュアルの中を検索してみるといいかもしません。
今回はなぜかおみやげがあります。お持ち帰りは自由です。

偽ZIP32J.DLL対応について

 53_Meltice-Family  偽ZIP32J.DLL対応について はコメントを受け付けていません。
8月 142007
 

Meltice Family Ver.2.2.0.3 / Frostice Ver.2.20.3 において、偽ZIP32J.DLLの利用確認がとれたということをご報告させていただきます。
偽ZIP32J.DLL by 新山義文(HEROPA)氏
http://www31.ocn.ne.jp/~heropa/fzip32jdll.htm
動作確認環境

  • Meltice Family Express Edition Ver.2.2.0.3a (実質 2.2.0.3 と同じ、8/15 公開予定)
  • Windows XP Home SP2 上にて確認
    • 偽ZIP32J.DLL Ver.0.37.0.6 (2006/08/16 公開の最新版) + 7-ZIP32.DLL Ver.4.42.0.3 利用。
    • ZIP圧縮の効率はZIP32J公式+ZIP32の組み合わせ最高レベルを上回る (既知の事項ではありますが)
    • 正規表現系のダメ文字( [ というかっこ記号)を含むファイルが圧縮できないトラブルは偽ZIP32J.DLL では発生しないことを確認しました。

Frostice でより高圧縮の zip を作成したい方、ダメ文字 [ に苦しめられている方は偽ZIP32J.DLL を試してみてはいかがでしょうか。なお、完全互換ではないらしい(7-ZIP32.DLLに無いコマンドの変換はできない)ということで、何らかの問題がありましたら掲示板まで報告していただけると助かります。

圧縮解凍の解説専門サイト / v2.2.0.3a 予告

 53_Meltice-Family  圧縮解凍の解説専門サイト / v2.2.0.3a 予告 はコメントを受け付けていません。
8月 102007
 

私(作者)はたまにGoogleやYahoo!を使ってMeltice Familyの利用実態調査を行うことがあります。使ってくれているとの情報、不具合があって使うのを辞めたとの情報に一喜一憂するのですが、今夜ぐぐってみた結果、ちょっと興味深いサイトを見つけたのでここで紹介します。
圧縮・解凍ソフトのガイド ~lzh、zip、rar等、無料・フリーのソフトをたっぷり紹介~
http://www.lzh-zip.com/
上記サイトのMeltice Family紹介ページ
http://www.lzh-zip.com/freesoft/free109.html
Meltice Family 開発の前に作ってたソフトに関するページふたつ
http://www.lzh-zip.com/freesoft/free110.html
http://www.lzh-zip.com/freesoft/free403.html
旧作に関しては「Meltice Familyへの移行が推奨されています」と紹介していたり、Meltice Familyについても「’07年4月1日で開発凍結状態に入り、公開のみ継続となっています。」と最新ステータスを反映して紹介していることから、情報の精度は高そうです。それなりにマニアックな拡張子も説明していたり、有名どころの圧縮解凍ソフトはひととおりおさえている感じです。2chの関連スレもチェックしてそうな勢いです。
間違い探しをあえてすれば、3つのソフトはいずれも Windows Me 対応であること(VectorはMe対応を表示しない”黒歴史扱い”)、Meltice Family の Windows Vista は対応しているように見えるが厳密には「暫定対応」であるというところでしょうか。
現行の v2.2.0.3 は Windows Vista 正式発売直前の見切り発車で出してしまったもののためマニュアルの記述漏れがあったり、Windows Vista に関する説明が少なかったり、セキュリティに関する情報提示が少なかったりするので、近いうちにマニュアル・DLLのみ差し替えのExpress Edition (v2.2.0.3a とする予定)を出す方向で考えています。
Windows Vista 対応については、作者が Vista 移行に失敗したため様子見です。Windows XP のときはすんなりアップデートできたのですが、今回は Windows Vista Ready PC が1台だけで、その唯一のPCがインストール強制失敗青画面(OS のインストーラまでたどり着けない)という状況ですので、ご理解いただきたく。Vista は Virtual PC 2007 環境下or9年くらい使ってるボロPC(CPUクロック数が要求スペック満たしてない)上での実験・検証くらいですが、それもここ数ヶ月やっていませんね。Windows Vista で起こりうる問題とその対処方法については差し替え版マニュアルにいろいろ追記を考えています。どれだけの方がマニュアルを読んでいただけているかはわかりませんが…
開発凍結については継続中のため、Meltice Family の中身そのものの更新はしない方向です。よって、「2.2.0.3a 予定」の実体は 2.2.0.3 のままってことです。

ファイルサイズ間違い訂正

 53_Meltice-Family  ファイルサイズ間違い訂正 はコメントを受け付けていません。
4月 082007
 

Meltice Family Webpage において、Ver.2.2.0.3 に関する配布ファイルすべてのファイルサイズの記述を間違えていたので、先ほどすべて訂正しました。
本来、「ファイルのプロパティ」で「サイズ:」部分の数字を記入するべきところを誤って「ディスク上のサイズ:」について記入してしまっていたことが原因です。そのため、作者環境とクラスタサイズが異なるドライブにおいてはサイズの食い違いが発生していたものと思われます。
誤りに気付いたのは、Vector の Software Library におけるファイルサイズ記述と Meltice Family Webpage 上のファイルサイズ記述のそれぞれの数値が異なっていたためでした。Ver.2.2.0.3 については Vector に更新申請していなかったのですが、Vector 側の配慮で Ver.2.2.0.3 へアップデートしていただけており、その課程で誤りに気付いたのでした。
ファイルサイズについて首をかしげていた方には申し訳ありませんでしたm_ _m

Meltice Family Ver.2.2.0.3 を公開しました

 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver.2.2.0.3 を公開しました はコメントを受け付けていません。
1月 282007
 

先ほど、Meltice Family の最新バージョンである Ver.2.2.0.3 を公開しました。ダウンロードは Meltice Family Webpage からどうぞ。

Ver.2.2.0.2 の修正を含むほか、UNRAR32.DLL/XacRett.dll による解凍の試験的実装(RAR解凍のご要望がかなり多かったことにより)、Frostice の「圧縮のプロパティ」ダイアログの位置の保持といった更新を行っています。

今回は Express Edition / Deluxe Edition についても1年ぶりに最新版公開としました。
Ver.2.2.0.2 は「テスト版」でしたが、Ver.2.2.0.3 は正式版ですので Windows 95 でも正常に動作します。

Meltice Family Ver.2.2.0.2 を暫定公開しました

 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver.2.2.0.2 を暫定公開しました はコメントを受け付けていません。
1月 232007
 

Meltice Family の最新版である Ver.2.2.0.2 を公開しました。ただし、以下の事情により暫定のテスト公開のみとしています。

  • Frostice.mxd と MIFVEREX.DLL の差し替えのみであり、他のファイルについては Ver.2.2.0.1 と実質変化無しのため
  • Visual Studio 2005 にてビルドしたため Windows 95 で動作しないことにより (Ver.2.2.1 か 2.2.2 くらいから Windows 95 サポート打ち切り予定ですが Ver.2.2.0.x では本来サポート継続中のステータスということもあります)

ダウンロードは WIKI 上の一時的なファイル置き場からどうぞ。

圧縮解凍系ソフトの今後について(2006年秋版)

 53_Meltice-Family  圧縮解凍系ソフトの今後について(2006年秋版) はコメントを受け付けていません。
10月 282006
 

Windows Vista 日本語版の参考価格がリリースされ、いよいよ新しいOSのサポートについても考えなければいけない時期になってきました。

そんな状況での Meltice Family の今後について、現時点の考えを。

[現状]

  • Meltice Family Ver.2.2.0.x は Windows 95,98,Me,NT4,2000,XP が対象に
  • Windows Vista では Windows 9x 系の一部APIが切り捨てられる (いまのところ不具合は1箇所のみ)
  • 本業多忙という理由でプライベートの時間がなくなることが増えてきたような。よって、プライベート時間の再配分が必要 → 圧縮解凍ソフト開発のウェイトは年々下がり続けており、フィードバックも減少している

[今後の予定]

  • Meltice Family 2.2.0.x については、今年度中 (2007/03頃)までの開発を継続予定
  • Meltice Family の Windows Vista 対応については、「検討したい」という段階まで後退 (影響度によります)
  • Meltice Family 3.x 計画 (.NET 対応) については白紙撤回も検討
  • 関連プロジェクト CaldBase についても現状で白紙撤回&プロジェクト終結を検討中
  • 開発環境 Borland C++ 5.5.1 での対応打ち切り (2.2.0.1 でも実質のビルドチェックはしていません)

開発終了はする予定なしですが、積極的な開発・展開を行う可能性が下がるということだけでも理解していただけたら、と。この予定については、今後も変更しうるものであり、確定ではありません。ご意見・ご要望などありましたら、maglog.jp 側の開発日誌のコメント(要Vector Passport のアカウント)、Meltice Family の WIKI 上の掲示板に書き込みしていただけたら、と思います。意見がない場合については、大幅な予定変更することなく、ゴールに向けて走り始めようかな、といった感じです。

UNLHA32.DLLなどに新たな脆弱性の可能性

 53_Meltice-Family  UNLHA32.DLLなどに新たな脆弱性の可能性 はコメントを受け付けていません。
9月 232006
 

LZH形式の産みの親のひとりである奥村氏のblogに、以下のエントリがありました。
gzipだけじゃない脆弱性
http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/blog/node/1047
短いので全文引用させていただきます (太字部分はこちらで勝手に追加していますので、詳細は第一次ソースである奥村氏のblog参照をお勧め)。

Bug 204676: CVE-2006-4334 gzip multiple issues (CVE-2006-4335, CVE-2006-4336, CVE-2006-4337, CVE-2006-4338) を読んでびっくり。要は私が1989年に書いたLHAの元になったC言語ソースでチェックをさぼっていたところが今になって見つかってしまったわけだ。申し訳ないがこれはgzipだけの問題ではなく,あちこちにあるLHA対応の解凍ソフトは全滅かも。あいたたたっ。

lzh解凍部に「for (i = 0; i < nchar; i++) count[bitlen[i]]++;」といういにしえのコードがあって、そこを利用してスタックを攻撃者によって自由に書き換えできてしまうというもののようですね。つまりはバッファオーバーフロー誘発により任意のコードが実行できるという、セキュリティ系のニュースではよく見る脆弱性ですね。そして、この脆弱性が見つかったきっかけは、gzip 1.3.5 にある別の脆弱性(NULLポインタ参照)でした、と。
ということで、UNLHA32.DLL ならびに TAR32.DLL (gzip系) の解凍コードに脆弱性を含む可能性があります。また、gzip を内部的に利用している BGA32.DLL (gza系) もこの脆弱性を含む可能性がありますし、UNARJ 系やUNZIP系 や XacRett 移植の処理系 (DLLや mxd 等)についても調査が必要になるかもしれません (奥村氏のblogに「LHAの元になったC言語ソースでチェックをさぼっていたところ」、という記述があるため)
ここの開発日誌で「可能性」としているのは、ソースコードがクローズドな UNLHA / UNARJ / BGA な DLL は調査不可能であることや、ソースコードが公開されている TAR についても精査している時間的な余裕がほとんどない(現在 Meltice Family などの開発凍結状態であることは皆さんもご存じかと思います)、という状況ですので、まずはご報告まで。
 Meltice Family においては、本体に解凍コードが含まれていない(基本的に DLL や mxd に丸投げ)という仕組み上、DLLの調査結果待ちということになるかと思います。XacRett.mxd については精査したいのですが、おそらく年内いっぱいは本業多忙と思われるため、保留です。よって、信頼できない lzh tar.gz 書庫の取り扱いには十分ご注意ください。
日本語のソースとしては、Slashdot Japan の以下のストーリーが、日本語の情報がまとまっていたりコメントで情報補完できることが考えられます。
セキュリティ: gzipに複数の脆弱性~LHAにも関連あり?
http://slashdot.jp/security/article.pl?sid=06/09/22/1619245

本業多忙によるスケジュール変更のお知らせ

 53_Meltice-Family  本業多忙によるスケジュール変更のお知らせ はコメントを受け付けていません。
9月 102006
 

8月から今に至るまで本業多忙であらゆる A.S.L. 系開発が凍結状態になっています。
これは、以下のような感じで、9月初旬~9月末まで続くという想定で、Meltice Family ならびに Caldbase の今後のスケジュールについてもそれを前提に書いてきました。
—-
現在、当ソフトウェア開発の優先順位を大幅に下げています m_ _m 2006/08/18)
http://meltice-family.sourceforge.jp/wiki/?lst#lf77f182 (2006/09/10現在)
 現在、本業が多忙で休暇がとれない状態(休暇とれたとしても開発余力があるかどうかはまた別です)になっている&平日も毎日夜遅くまで仕事、という状態になっており、心身の健康維持の都合で開発の優先順位を最低ラインまで落としています。この状態は、現在の本業上のプロジェクトが小康状態になる時期(早くて9月初旬、遅くて9月末)まで続くものと考えられます。
 この「優先順位大幅に下げ」は Meltice Family だけに関わらず、Meltice Family 作者のプライベート系行動全域に及んでいます。よって、ネット上での活動も現在できるだけ本業を圧迫しないよう、健康を害さないように少なめな状態になっています。
 サポートやバグレポートへの受付・対応はできる限り善処しますが、そんな状況のため、全体的な対応の鈍さが気になっても長い目で見守ってやってくださいませ m_ _m
—-
CaldBase.NET is suspended now…?
http://asaasa.tk/asl/blog/2006/08/caldbase_suspended.html
本業多忙状態はおそらく9月中旬~下旬まで続くと思います。その後は夏期休暇で1週間少しのお休みをいただきますが、気分転換ということで開発系は完全に中断して連休中にしかできないことを実践予定、10月中旬~下旬は Meltice Family のバグ修正ならびに PDA 系の開発の再開態勢を整えるといった予定にしています。
—-
先日、状況が変わりまして、本業多忙状態が10月中旬まで続くことが判明しました。当初の予定から1ヶ月以上も伸びた、ということです。もともと2週間程度の余裕をもって9月末、と書いてきたのですが、それをあふれてしまったわけです。
よって、現在アクティブだけど凍結中の2プロジェクトの再開時期は、以下のようにずれこむ見込みです。それも、10月中旬という本業多忙終了が「さらに後ろにずれ込まないこと」という前提付きです (小耳に挟んだ話では、さらに1~2週間は伸びる可能性も考慮した方がよさそうです)。
– Meltice Family :2006/11または12以降。「多数のファイルの圧縮に失敗」系バグ修正が最優先。
– Caldbase : 2006/12 または 2007/01 以降に再設計、数ヶ月後にVer.0.2.x 系コードに?
(業務多忙が終了してから半月ほどはコーディングする充電期間と位置づけ、開発はほとんどお休み予定です)
さすがに本業系のスケジュールは私一人がどうにかできる問題ではありませんので、「申し訳ないけれどのんびりお待ちください」としか言えないですm_ _m

Meltice Family Ver2.2.0.1 を公開

 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver2.2.0.1 を公開 はコメントを受け付けていません。
8月 152006
 

さきほど、Ver.2.2.0.1 関連のページ更新が終わりました。
配布ファイルそのものは昨夜アップロード済みだったため、今日やった作業は Sourceforge.jp へのアップロード手段再整備(PuTTYと周辺ソフトを放り込みしてみました)、最新の画面スクリーンショットとって、ちょこちょこと文章を書き換えたくらいです。
さて、今回より配布ファイルの命名規則を変更し、8.3縛りをやめてみました。Windows 98SE/Me のサポートが打ち切られた今となっては、DOS由来の短いファイル名にこだわる必要性が薄いというのがあります。Visual Studio 2005 以降では4文字以上の拡張子が平然と使われているから、というのもありますね。
あと、スクリーンショットが Windows XP Home Edition になってるのは、6月に Desktop PC を新調したためです。本来は XP Pro が欲しかったのですが、店頭になかったので XP Home モデルをお買いあげしたわけですが、帰宅してから製造元を調べたら1万円差で XP Pro モデルがあったりしました。単なる調査不足といわれればそれまでなのですが…とまあ、そんな事情で、現在 XP Pro / Home 両Edition で動作確認をとれる体制になっているので、Home依存・Pro依存な問題の切り分けも容易になりました(そんな問題があるとも思えませんが)。さすがに Media Center / 64bit Edition / Tablet PC Edition についてはOSもなければハードもない状態ですので、これらについては「XP Pro相当だからおそらく動く」程度の認識でいる、くらいで考えてください。
残る To Do List は、 Ver.2.2.0.1 の Express Edition と Deluxe Edition のリリースですが…本業多忙で9月中旬までバタバタしていますので、Meltice Family まわりの作業は今日をもってしばらく凍結させていただこうかなと思っています。今の本業が一段落して落ち着いてきたら、インストーラの最新版の評価を行って Ver.2.2.0.1 Deluxe / Express の配布ファイル作成に入る予定です。それまでの間は Standard Edition にて運用するようお願いします。

Meltice Family Ver.2.2.0.1 公開前日となりました

 53_Meltice-Family  Meltice Family Ver.2.2.0.1 公開前日となりました はコメントを受け付けていません。
8月 142006
 

土日が仕事で潰れており時間の確保もなかなか困難ではありますが、先ほど Meltice Family の配布ファイル作成作業が終了しましたので報告です。配布ファイルそのものについてはすぐ公開可能な段階にありますが、他にも少しばかりのやることが残っているため、正式な公開は 8/15(火) に、とさせていただきます。
今回配布を行うのは、Meltice Family Standard Edition と Meltice 単体配布(SFX/ZIP)、Frostice 単体配布(ZIP) の4種類のみです。Deluxe Edition については EXEpress CX 最新バージョンの検証時間が必要になるということ(Ver.4.11非公開版より新しいバージョンが公開されていましたから)、2.2.0.1 はバグ修正がほとんどとはいえ、新たなバグが潜入していないか未知数で様子見の時間が欲しい、といった事情があります。よって、Deluxe Edition / Express Edition については、公開は半月~1ヶ月ほど後ろにずれ込む予定にしています。
今夜は WIKI 上にバージョンアップ情報を公開して、2.2.0.1 公開準備作業を一時中断したいと思います。

Meltice Family 2.2.0.1 公開の延期のお知らせ

 53_Meltice-Family  Meltice Family 2.2.0.1 公開の延期のお知らせ はコメントを受け付けていません。
8月 012006
 

2006/08/01 に Meltice Family の最新正式版を公開予定でしたが、都合により延期します。
理由としては、本業が多忙で配布ファイルの作成をする時間が確保できていないことただ1点です。
遅くとも8月中旬までには公開したいと考えておりますので、もうしばらくお待ちください m_ _m

SubVersionへソース管理移行と、Meltice Family 新バージョン公開間近のお知らせ

 53_Meltice-Family  SubVersionへソース管理移行と、Meltice Family 新バージョン公開間近のお知らせ はコメントを受け付けていません。
7月 302006
 

Meltice Family のソースコード管理を FreeBSD 4.8 + CVSd → Debian GNU/Linux Sarge + CVSd に乗り換えようとしたら WinCVSごった煮バージョンで認識できませんでした。CVSd 1.1.0→1.1.2へのアップデートが問題なのか、私の設定ミスが原因なのかはわからないですが、ごった煮バージョンを公開していたサイトは消滅していたので、これを機に SubVersion (TortoiseSVN) にソースコードのバージョン管理環境を切り替えました。
切り替えの影響で $Id$ まわりが最新式に更新されたものと、取り残されているものが二極化してしまいましたが、今は気にしないことにします。
ついでなので、今までに作成した各種パッチの取り込みといくつかのバグ修正を行いました。8/1 には Meltice Family Standard Edition Ver.2.2.0.1 として正式公開予定です(WIKIのバイナリ置き場には候補版のソースコード一式と一部バイナリをおいていますので、事前にお試しになるのもいいでしょう)

Meltice Family の今後の行方について

 53_Meltice-Family  Meltice Family の今後の行方について はコメントを受け付けていません。
6月 182006
 

ここ1週間少しの間に、数年ぶりという長いスパンになるけれど、デスクトップPCならびに開発環境を一新しつつあります。詳細は省略しますが、この課程で Meltice Family のロードマップについての表明も必要かな、ということで、とりあえず今考えていることをリストアップします。

  • Meltice Family の次のバージョンは Ver.2.2.0.1 となります。
     

       

    • mxd ファイルの Ver.2.20.x 表記にあわせます。
       

    • Ver.2.2.x はバグフィックスonly のポリシーに従い、バグ修正のみです。
       

    • Ver.2.2.0.x のうちは、ビルド環境ならびにサポートされるOSについては変化しません。
       

    • リリース時期は 2006/08~10頃を考えています。
       
  • Meltice Family Ver.2.2.1 (2.2.1.0 という表記はしません) は Windows Vista で動作確認されるか、Ver.2.2.0.9 の次のいずれかでリリース予定です。
    • 開発環境の前提を Borland C++ 5.51 / Visual C++ 6.0 から Visual C++ 2005 に移行予定です
          

      • アクセス解析結果、8割以上のユーザーが Windows XP に移行済みと判断しています。

       

    • Windows 9x/NT4 については動作確認対象からはずしますが、不具合報告があれば善処します。
       

    • 統合アーカイバ DLL が 32bit 版のみのため、Meltice Family の 64bit 版はリリースしません。
       

    • Windows XP x64 Edition / Windows Vista x64版では WoW64 上で動作することになります。
       

    • UNLHA64.DLL / TAR64.DLL 等の 64bit 版 DLL への対応は Meltice Family Ver.2.x では考慮外です。
       
  • Meltice Ver.3.x は .NET Framework 2.0 前提のアプリケーションになる方向
     

       

    • CaldBase.NET という圧縮解凍フレームワークを利用予定ですが…
         

      • そのライブラリ、たぶん今年の秋からほぼ作り直しになります。C++/CLI 勉強して出直します…

       

    • 一発解凍モード、閲覧モードを持つ予定でいますが、詳細未定
       

    • サポートOSは Windows XP / Vista に絞る方向 (Windows 2000 でも動くでしょうけれど…)

    2006年春・夏は本業やZaurus系アプリケーション整備・制作を優先したいので、Meltice Family の開発は「よほどの大きな不具合」「何らかのセキュリティホール発覚」でもない限り、優先順位低で凍結状態とさせていただいてます。ご了承くださいm_ _m

gooの評判検索実験で圧縮解凍系キーワードを試す

 53_Meltice-Family  gooの評判検索実験で圧縮解凍系キーワードを試す はコメントを受け付けていません。
6月 052006
 

gooが検索結果のページから評判を推定するという検索エンジンの実験をしているので、試してみました。
評判検索実験 – gooラボ
http://repu.nttrd.com/repu.html
※数字は概算。ヒット先ページのドメインはあえて考慮せず。
※評判がない検索結果は省略。
Meltice : Good 70% / Bad 30%
Frostice : Good 100%
Caldix : Good 100%
XacRett.mxd : Good 70% / Bad 30%
UNLHA32.DLL : Good 80% / Bad 20%
UNZIP32.DLL : Good 10% / Bad 90%
CAB32.DLL : Bad 100%
TAR32.DLL : Good 33% / Bad 67%
BGA32.DLL : Good 100%
UNRAR32.DLL : Good 100%
EXEpress : Good 100%
とりあえず、Meltice Family に関連しそうなソフトだけ片っ端から見てみた結果。CAB32 と UNZIP32 が評判悪く、TAR32 がそれに続くという、いわゆるblogで愚痴・やり玉に挙げられがちなDLLが並んじゃってますね(他者が書いてる評判悪い理由については書いてもしょうもないのでここには書きませんが)。一方、UNLHA32 や UNRAR32 は好意的に受け止めている人が多そうです。7-ZIP32 ならびに YZ1 については評判該当数ゼロなので判別不能、と。
定番ソフトを調べてみるとGood 100% になることが多く、オンラインソフトの評価の目安のひとつとして使えそうですね。