あどり

ソフトウェア開発者。かつてはその腕で給与を稼いでいたらしい。 今は「あさあさ」名義にソフト作成を譲り、圧縮解凍とDLLの関連のメンテナンスおんりぃになっており、フェードアウトしつつある。

Meltice Family 2.2.0.1 公開の延期のお知らせ

 53_Meltice-Family  Meltice Family 2.2.0.1 公開の延期のお知らせ はコメントを受け付けていません。
8月 012006
 

2006/08/01 に Meltice Family の最新正式版を公開予定でしたが、都合により延期します。
理由としては、本業が多忙で配布ファイルの作成をする時間が確保できていないことただ1点です。
遅くとも8月中旬までには公開したいと考えておりますので、もうしばらくお待ちください m_ _m

SubVersionへソース管理移行と、Meltice Family 新バージョン公開間近のお知らせ

 53_Meltice-Family  SubVersionへソース管理移行と、Meltice Family 新バージョン公開間近のお知らせ はコメントを受け付けていません。
7月 302006
 

Meltice Family のソースコード管理を FreeBSD 4.8 + CVSd → Debian GNU/Linux Sarge + CVSd に乗り換えようとしたら WinCVSごった煮バージョンで認識できませんでした。CVSd 1.1.0→1.1.2へのアップデートが問題なのか、私の設定ミスが原因なのかはわからないですが、ごった煮バージョンを公開していたサイトは消滅していたので、これを機に SubVersion (TortoiseSVN) にソースコードのバージョン管理環境を切り替えました。
切り替えの影響で $Id$ まわりが最新式に更新されたものと、取り残されているものが二極化してしまいましたが、今は気にしないことにします。
ついでなので、今までに作成した各種パッチの取り込みといくつかのバグ修正を行いました。8/1 には Meltice Family Standard Edition Ver.2.2.0.1 として正式公開予定です(WIKIのバイナリ置き場には候補版のソースコード一式と一部バイナリをおいていますので、事前にお試しになるのもいいでしょう)

A.S.L. ならびに A.S.L. blog の URL 移転です。

 50_A.S.L.Info  A.S.L. ならびに A.S.L. blog の URL 移転です。 はコメントを受け付けていません。
6月 262006
 

たびたび移転のお知らせで申し訳なく思いますが、ardry’s Software Library ならびに A.S.L.開発日誌を 2006/06/26 付けで移転します。
ardry’s Software Library : http://hp.vector.co.jp/authors/VA011055/asl/ → http://asaasa.tk/asl/
A.S.L.開発日誌 : http://asaasa.tk/aslblog/ → http://asaasa.tk/asl/blog/ (※ asl と blog の間に / が追加)
hp.vector.co.jp のアドレスに関しては、今後 asaasa.tk ドメインやサーバーのトラブルも考慮し、「ミラーサイトとして」保持を続けますが、プライマリサイトは asaasa.tk/asl/ に切り替えたいと思います。A.S.L.開発日誌については、サーバー上のファイル管理の都合で旧URLは廃止とさせていただきます。
今回の引っ越しはWIKIによらずWebベースで編集可能なasaasa.tkのサーバーを活用し、新しいソフトの公開・メンテナンスを迅速に行うために必要な措置と考えています。ご理解をよろしくお願いします。

Meltice Family の今後の行方について

 53_Meltice-Family  Meltice Family の今後の行方について はコメントを受け付けていません。
6月 182006
 

ここ1週間少しの間に、数年ぶりという長いスパンになるけれど、デスクトップPCならびに開発環境を一新しつつあります。詳細は省略しますが、この課程で Meltice Family のロードマップについての表明も必要かな、ということで、とりあえず今考えていることをリストアップします。

  • Meltice Family の次のバージョンは Ver.2.2.0.1 となります。
     

       

    • mxd ファイルの Ver.2.20.x 表記にあわせます。
       

    • Ver.2.2.x はバグフィックスonly のポリシーに従い、バグ修正のみです。
       

    • Ver.2.2.0.x のうちは、ビルド環境ならびにサポートされるOSについては変化しません。
       

    • リリース時期は 2006/08~10頃を考えています。
       
  • Meltice Family Ver.2.2.1 (2.2.1.0 という表記はしません) は Windows Vista で動作確認されるか、Ver.2.2.0.9 の次のいずれかでリリース予定です。
    • 開発環境の前提を Borland C++ 5.51 / Visual C++ 6.0 から Visual C++ 2005 に移行予定です
          

      • アクセス解析結果、8割以上のユーザーが Windows XP に移行済みと判断しています。

       

    • Windows 9x/NT4 については動作確認対象からはずしますが、不具合報告があれば善処します。
       

    • 統合アーカイバ DLL が 32bit 版のみのため、Meltice Family の 64bit 版はリリースしません。
       

    • Windows XP x64 Edition / Windows Vista x64版では WoW64 上で動作することになります。
       

    • UNLHA64.DLL / TAR64.DLL 等の 64bit 版 DLL への対応は Meltice Family Ver.2.x では考慮外です。
       
  • Meltice Ver.3.x は .NET Framework 2.0 前提のアプリケーションになる方向
     

       

    • CaldBase.NET という圧縮解凍フレームワークを利用予定ですが…
         

      • そのライブラリ、たぶん今年の秋からほぼ作り直しになります。C++/CLI 勉強して出直します…

       

    • 一発解凍モード、閲覧モードを持つ予定でいますが、詳細未定
       

    • サポートOSは Windows XP / Vista に絞る方向 (Windows 2000 でも動くでしょうけれど…)

    2006年春・夏は本業やZaurus系アプリケーション整備・制作を優先したいので、Meltice Family の開発は「よほどの大きな不具合」「何らかのセキュリティホール発覚」でもない限り、優先順位低で凍結状態とさせていただいてます。ご了承くださいm_ _m

gooの評判検索実験で圧縮解凍系キーワードを試す

 53_Meltice-Family  gooの評判検索実験で圧縮解凍系キーワードを試す はコメントを受け付けていません。
6月 052006
 

gooが検索結果のページから評判を推定するという検索エンジンの実験をしているので、試してみました。
評判検索実験 – gooラボ
http://repu.nttrd.com/repu.html
※数字は概算。ヒット先ページのドメインはあえて考慮せず。
※評判がない検索結果は省略。
Meltice : Good 70% / Bad 30%
Frostice : Good 100%
Caldix : Good 100%
XacRett.mxd : Good 70% / Bad 30%
UNLHA32.DLL : Good 80% / Bad 20%
UNZIP32.DLL : Good 10% / Bad 90%
CAB32.DLL : Bad 100%
TAR32.DLL : Good 33% / Bad 67%
BGA32.DLL : Good 100%
UNRAR32.DLL : Good 100%
EXEpress : Good 100%
とりあえず、Meltice Family に関連しそうなソフトだけ片っ端から見てみた結果。CAB32 と UNZIP32 が評判悪く、TAR32 がそれに続くという、いわゆるblogで愚痴・やり玉に挙げられがちなDLLが並んじゃってますね(他者が書いてる評判悪い理由については書いてもしょうもないのでここには書きませんが)。一方、UNLHA32 や UNRAR32 は好意的に受け止めている人が多そうです。7-ZIP32 ならびに YZ1 については評判該当数ゼロなので判別不能、と。
定番ソフトを調べてみるとGood 100% になることが多く、オンラインソフトの評価の目安のひとつとして使えそうですね。

FC2なアップデート

 50_A.S.L.Info  FC2なアップデート はコメントを受け付けていません。
5月 312006
 

A.S.L. ならびに関連するソフトウェアのサイトで利用している FC2 (無料アクセス解析) のデータが飛んだため、アクセス解析情報の再構築とタグの再登録を行いました。その都合であちこちをぷち更新していますが、Meltice Family / CaldBase.NET ともに特に更新はありません。
アップデートを期待された方には申し訳ありませんが、そのような事情がありますのでご理解願います。

Meltice Family WIKI の掲示板を定期バックアップしました

 53_Meltice-Family  Meltice Family WIKI の掲示板を定期バックアップしました はコメントを受け付けていません。
5月 152006
 

過去3ヶ月ほど新規の話題がなかったので、掲示板のログをすべて過去ログ送りにし、発言用の枠以外は空になっています。ひとつだけ生きている旧話題があるにはあったのですが、バグまわりについては残ToDoが正規ソースを組み込んでバイナリを出すだけな上にバグレポ報告主の反応が見られないため、まあ問題なかろうという判断です。
5/8 に国内のアダルト業者と思われるスパム発言、5/14頃に海外のSEOスパムの投稿があったようですが、これらはWIKI上のバックアップに残っているだけで、とりあえず最新ページからは削除済みです。WIKI上のスパムについて報告してくださった方に深く感謝です m_ _m

ゴールデンウィークの総括

 52_DevelopLabo  ゴールデンウィークの総括 はコメントを受け付けていません。
5月 072006
 

9連休だったゴールデンウィークもあっという間に最終日。というわけで、コーディング関連の視点で今回の連休を総括してみます。
「Win32 方面」 : 進展無し
 Meltice 関連のパッチ当てなどを当初は計画していましたが、CVS Server on Cygwin まわりの下調べだけで終わってしまったような感じです。現在の我が家の CVS Server は FreeBSD 4.8 ベースであり、そろそろこの古い OS 環境を潰して新しい環境を、と考えているのですが、まだまだ FreeBSD 4.8 の出番は長そうです。
「.NET 方面」 : 進展無し
 CaldBase.NET は放置されたままです。Meltice Ver.2.2.x 系がつっかえているから、という事情もあります。6月くらいまでには再開したいところですが…
「PHP 方面」 : PHP4 → PHP5 アップグレード
 自宅サーバーで Apache / PHP の最新版への追随を行いました。既存スクリプトはほぼ問題なく動いているか、バージョンアップにより問題解消したかのいずれかです。MySQL のアップデートは保留中ですね。サーバー上の設定変更に終始したため、スクリプトのコーディング量はほぼゼロです。
「Ruby 方面」 : メールチェッカ試作版ならびに Ruby/Qte のメモが進展。
 Ruby の学習は当初の予定の3~4割程度というゆっくりさではありますが、着実に進んでいるようです。ただ、Ruby 関連については「あどり」名義ではなく「あさあさ」名義で動いていますので…詳細はRuby – あさあさの公開メモを参照してください。

unlha.rb なるものがあるみたいですね

 52_DevelopLabo  unlha.rb なるものがあるみたいですね はコメントを受け付けていません。
4月 272006
 

最近、圧縮解凍まわりは凍結しておいて Ruby の学習と情報収集に専念させていただいていますが、その過程で unlha.rb なるスクリプトを見つけてしまいました。
http://www.moonwolf.com/ruby/ の Win32Module というのが unlha.rb を含む配布ファイルです。2000年12月に公開されてそのままなのですが、UNLHA32.DLL の API は、流し読みした範囲内ではそれなりに定義されているように見えました。unlha.rb でぐぐってみると、対応しているソフトはただ1本だけ (http://www.stack-style.org/2001-03-06-02.html) という状態ですけれど…
さすがに CaldBase.NET (統合アーカイバDLLのC#による実装)というプロジェクトを立ち上げたまま放置気味になっている現状があるので、統合アーカイバを Ruby で実装しようという気にはちょっとなれませんね(^^;

URL短縮バージョンが利用可能になりました。

 50_A.S.L.Info  URL短縮バージョンが利用可能になりました。 はコメントを受け付けていません。
4月 232006
 

ardry’s Software Library の主なページを、短いURLから転送できるようにしました。
ardry’s Software Library : http://asaasa.tk/j/s/
A.S.L. 開発日誌 : http://asaasa.tk/j/s/d/
Meltice Family : http://asaasa.tk/j/s/mf/
CaldBase.NET : http://asaasa.tk/j/s/cn/
これらの転送はディレクトリ構造ごと行われるため、たとえば http://asaasa.tk/j/s/mf/wiki/?bbs とすればダイレクトに WIKI 上の掲示板(@Meltice Family) にジャンプすることもできます。
従来のURLはそのまま使えます。一方、従来のURLが何らかの理由により利用不能になった場合は、上記の転送URLを避難先サーバーにジャンプするよう再設定することにより回避できるかな、と思います。
ご利用の際は、転送URL・転送先URLのお好きな方をどうぞ。

A.S.L.開発日誌が移転しました。

 50_A.S.L.Info  A.S.L.開発日誌が移転しました。 はコメントを受け付けていません。
4月 232006
 

ドメイン取得により、サーバーのドメインが変更となりました。
これに伴い、A.S.L.開発日誌の URL も変更されます。
新URL : http://asaasa.tk/aslblog/
旧URLでも自動的に転送されるため、閲覧の際に意識することはなにもありませんが、リンクやお気に入り/ブックマークに加えている方は新しいURLに変更をお願いします。

Meltice Family の新Patch(2006/04/17版)

 53_Meltice-Family  Meltice Family の新Patch(2006/04/17版) はコメントを受け付けていません。
4月 172006
 

ファイル名冒頭がハイフンだと圧縮時に誤動作する対策、ならびに .\ や ./ なディレクトリ情報のみを持つ書庫で「解凍先パスを最適化」が誤動作する対策に関して、2/25 のパッチをさらに再検証しました。
その結果、ハイフン記号に関しては見当違いの部分を直していると判断し、パッチ適用場所を再検討し、統合アーカイバ DLL にファイルを渡す直前で文字列を差し替える対策をとることとしました。 .\ や ./ なディレクトリ情報の問題に関しては、 ./ がチェック漏れしていたことを除けば2月のパッチで問題なさそうと判断してます。
とりあえず、これで残るバグ修正は

  • UNZIP32.DLL Ver.5.40 で解凍できない&正規表現まわり対策
  • BGA32.DLL系書庫で二重フォルダ防止が働かない問題
  • FrosticeのJak分割時のメッセージ

といったところですね。
また、2.2.1 で検討している事項に「ディレクトリ横断と拡張子偽装( .exe 等の拡張子の前に半角スペースが特定個数以上ある状態のこと)」の警告機能が上げられます。CAB32 / BGA32 に関してはこれらのセキュリティ上の問題の修正が期待できませんので…

はてなダイアリーの時間指定用スクリプト

 52_DevelopLabo  はてなダイアリーの時間指定用スクリプト はコメントを受け付けていません。
4月 162006
 

はてなダイアリーでは
*1145196803*[カテゴリー名] 題名
とすると、題名を書いた日記を書いた時間が表示されます。1145196803 なら 2006/04/16 23:13:23 となるわけです。この値は 1970/01/01 09:00 からの経過秒数の値となっており、9桁(100000000 : 1973/03/03 18:46:40) ~10桁(2147483647 : 2038/01/19 12:14:07) を表現できます。
ここ Movable Type のように日時を人間でもわかるフォーマットで自由に指定できる日記なら楽なのですが、はてなダイアリーはそういう仕様になっていないので、Ruby の勉強がてら、スクリプトを書いてみました。適当なファイルに保存して ruby 保存したファイル名.rb で、現在時刻を示す数値が表示されます。
以下、試験例。

  • ruby testscript.rb 0 : 1970/01/01 9:00 を表示
  • ruby testscript.rb 23 45 56 : スクリプト実行日の 23:45:56 を表示
  • ruby testscript.rb 2 23 45 56 : スクリプト実行月の2日の 23:45:56 を表示

個人的にはてなダイアリーの記述時間を調整したい(寝落ちしちゃったので前日の時間で日記を書きたい、等)という目的で作った適当スクリプト。内容もサンプルレベルなので、コピペ・改造などはご自由にどうぞ(需要があれば、ですが^^;;)

if (ARGV[0] == nil)
#現在時刻 (引数なし)
puts "現在時刻 : "+ Time.now.to_s + " ("+Time.now.to_i.to_s+")";
elsif(ARGV[1] == nil)
#1970/01/01 からの経過秒数 (引数1個)
puts "指定時刻 : " +
Time.at(ARGV[0].to_i).to_s +
" ("+Time.at(ARGV[0].to_i).to_i.to_s+")";
elsif(ARGV[3] == nil)
#時、分、秒 (引数3個)
year = Time.now.year.to_i;
mon  = Time.now.mon.to_i;
day  = Time.now.day.to_i;
puts "指定時刻 : " +
Time.local(year,mon,day,ARGV[0].to_i,ARGV[1].to_i,ARGV[2].to_i).to_s +
" ("+Time.local(year,mon,day,ARGV[0].to_i,ARGV[1].to_i,ARGV[2].to_i).to_i.to_s+")";
else
#日、時、分、秒 (引数4個)
year = Time.now.year.to_i;
mon  = Time.now.mon.to_i;
puts "指定時刻 : " +
Time.local(year,mon,ARGV[0].to_i,ARGV[1].to_i,ARGV[2].to_i,ARGV[3].to_i).to_s +
" ("+Time.local(year,mon,ARGV[0].to_i,ARGV[1].to_i,ARGV[2].to_i,ARGV[3].to_i).to_i.to_s+")";
end

Patch(2006/02/25)の再検証

 53_Meltice-Family  Patch(2006/02/25)の再検証 はコメントを受け付けていません。
4月 162006
 

To Do List (Patch) の再検証を軽くやってみます。
現状、作りかけでうまくっていない問題はふたつ、
– .\ だけで構成される書庫ファイルで解凍先パス最適化が誤動作
– ハイフンで始まるファイルの処理を行うと DLL が誤動作
  * パッチでは「.\ エスケープ」が副作用のバグを発生させている
…とこんな状態。
今夜はかるく u_string.cpp について仕様の再確認です。
*get_1st_dirname(char *lpszPath) については、おそらく問題なし (デバッグ検証はまだ)
*split_1st_filenames(char *singlefile, const char *filenames) については、下手にパッチを当てると関数仕様から逸脱してしまって副作用が大きそう。
…と、こんな感じ。思い出すのにまだまだ時間がかかりそうです。
そして、C# の string 型や Path クラスのありがたみを再認識してます。

Claybirdさんの圧縮解凍ソフトのソースコード

 51_OnlineSoft  Claybirdさんの圧縮解凍ソフトのソースコード はコメントを受け付けていません。
4月 152006
 

LhaForgeのソースコードが公開されてるらしいので、つい先ほど入手しました。
拡張子 .cpp なのにほぼ C言語的な書き方をしている Meltice に対して、LhaForge は (Noah とはまた異なる実装ですが) ちゃんと C++ してるソースコードですね。C++ の勉強に活用させていただきます。
私は最新の C++ にはついていけてない口なので、新しいソフトを書くならつぎはぎ多くて複雑怪奇になった C++/CLI じゃなくて、すっきりシンプルに設計されなおした C# で、ですね。
まずは、Meltice の問題をなおして .NET な開発に早く戻りたいと思っています。

GnuPGの公開鍵

 50_A.S.L.Info  GnuPGの公開鍵 はコメントを受け付けていません。
4月 122006
 

Windows / Linux Zaurus 上に GnuPG を導入し、ここ数日で本格運用のめどがたちましたので、2006/04/12 以降は機会があったらバイナリやソースコードの書庫ファイル等に署名を行うなどに使っていこうかなと思います。

pub 1024D/DDD0D207 2006/04/12 ardry <ardry at users dot sourceforge dot jp>
 Primary key fingerprint: 7461 AA25 AD68 70E1 3D95 29F3 BC16 56DA DDD0 D207

公開鍵は JPNIC の鍵サーバーOpenPGP 鍵サーバーで ardry で検索することにより取得できます。Slashdot Japan の私のアカウント紹介ページとひも付けした形でも公表してありますので、お好きなところから取得してください。

Frostice with Password Patch (お蔵入り)

 53_Meltice-Family  Frostice with Password Patch (お蔵入り) はコメントを受け付けていません。
4月 102006
 

職場で「今後メールで添付ファイルをやりとりするときはパスワードつきZIPにしよう」という提案がなされました。そして、その提案には「毎月、所定の部署での共有パスワードを指定して圧縮すること」というおまけもついてきました。
覚えられないや、ということで数分でパスワード自動付加機能付き Frostice をつくってみたら、同僚(というか上司?)からリクエストがばかすか飛んできて…休憩時間に戯れで10分たらずの予定が、かなり時間を食わされることに。
で、ようやく「そこそこ実用的に使える」パッチ当てが終わったところで、提案の続報が流れてきました。「毎月パスワードを変えるという提案には不評が多いので、連想しようのない共通パスワードを使います、さっきの話は忘れて」という内容でした。
そんなわけで、改造版Frosticeはあえなくお蔵入りになってしまったわけですが、職場の部署内公式圧縮ソフトとして指定されて、本業でも自作ソフトのバグレポに奔走する…なんてことを想像するとげんなりするので、これでよかったのかもしれません。
まあ、Meltice / Frostice by Win32 Platform SDK なプログラミングをひさびさに思い出させてくれたので、同僚には感謝しないといけないですね。

2006/03下旬~04上旬の近況について

 53_Meltice-Family  2006/03下旬~04上旬の近況について はコメントを受け付けていません。
4月 082006
 

今年の 3/11 の開発日誌を最後に1ヶ月近く何も書いていなかったので、近況の報告をさせていただきます。
Meltice Family 開発状況について
 結論から先に申し上げますと、「3月上旬から一切の作業が止まっている状態」です。
 少なくとも、ファイル名冒頭のハイフン記号圧縮時の問題や .\ フォルダばかりで構成された書庫の解凍先パス最適化が正常動作しない問題については、検証途中のままの状態で、まだ現時点で修正のめどがたっていません。
 3/11 に開発機故障について開発日誌に書いていますが、故障の原因は電源ユニットの寿命で、部品交換により数日後に無事復旧しています。その後、ちょっといろいろ思うところあって、圧縮解凍まわりの作業は一時凍結していたのですが、そのままずるずると時間が流れて今に至るという状況です。時間を確保次第、問題点の解決に取り組みたいと考えています。
 さて、開発日誌の移行に関して理由を書きたいと思います。
 旧「Meltice Family 開発日誌」(WIKI 上にあったもの) の記述ポリシーは「圧縮解凍周りで開発や動作検証で何か進展があった場合のみ更新」というものでした。Meltice Family (ネイティブコード版) に直接関係のない .NET 上の検証や小ネタについては、Slashdot Japan や mixi 上に少し触れるだけ、という状態で、圧縮解凍関連の情報が拡散してしまって、書き手の私も把握できない状態に陥っています。
 よって、圧縮解凍関連の話題は今後原則として Slashdot Japan / mixi / Sourceforge.jp のあちこちに拡散して記述するのはやめて、ここ xrea.com 上の開発日誌に一本化することにしました。旧記述については、旧開発日誌・日記に残したままとし、xrea.com 上の開発日誌へのインポートは特に行いません。探す、移行作業するというのにはそれなりのエネルギーと時間が必要になるためで、そんな資源はもっと別の方向に有効活用したいと考えているためです。
注意点としては、拙作の圧縮解凍ソフトに直接影響されない内容 (UNIX 系 OS の圧縮解凍ソフトな話題など) については、「開発日誌」ではなく「ユーザーサイドの体験記」になってしまうので、別名義で展開しているはてなダイアリーや xrea.com 上の別 blog に書くかもしれません。こちらについては方向性を明確に決めていません。
CaldBase.NET 開発状況について
 位置付けが姉妹プロジェクトにある CaldBase.NET の近況についてもあわせて書きたいと思います。
 Meltice Family .NET (仮称、圧縮解凍ソフトのマネージコード + 統合アーカイバネイティブコードの混在バージョン) の開発の優先順位は Meltice Family ネイティブコード版 (Ver.2.2.x 系のことです) よりも下になっています。よって、Meltice Family の問題解決しないうちは、Meltice Family .NET に手を付けることができません。
 問題なのは、Meltice Family .NET の基幹フレームワークになるはずの CaldBase.NET の開発の優先順位は Meltice Family .NET と同じということです。つまりは Meltice Family の問題解決をしない内は、こちらにもとりかかれないということです。
 CaldBase.NET (UnDller.NET 含む) の現状の問題点は、「ソースコードに著作権表示記述が抜けているので、BSD ライセンス下にあるそれらのソースコードは事実上再配布不能である」ということです。こちらについても、Meltice Family の諸問題を片づけ次第、なんとかしたいと考えています。

Meltice 開発日誌を xrea.com の A.S.L. 開発日誌に完全移行しました。

 53_Meltice-Family  Meltice 開発日誌を xrea.com の A.S.L. 開発日誌に完全移行しました。 はコメントを受け付けていません。
4月 082006
 

開発日誌@Meltice Family WIKI から A.S.L. 開発日誌に移行することになりました。
というのも、blog の数が両手の指で数えられないくらい増えすぎまして、ちょっとまとめる必要が出てきたかなという判断からです。今後は WIKI 上の開発日誌は完全に凍結して、こちらで開発日誌をつけていこうと思います。

Continue reading »

ardry’s Software Library 開発日誌をオープンしました。

 50_A.S.L.Info  ardry’s Software Library 開発日誌をオープンしました。 はコメントを受け付けていません。
4月 072006
 

もともと Slashdot Japan や Meltice Family の WIKI サイトに日記ページを持っていましたが、2006/04/07 より、これらの日記を xrea.com 上の A.S.L. 開発日誌に統合します。
この統合に伴い、私 ardry (あどり) の作成したソフトに関する話題は 2006年度以降、すべて新しい日誌に移行とします。旧開発日誌・日記についてはそのまま残しますが、今後「ardry 製のソフトに関する話題」で更新することはありません。
今後ともよろしくお願いします。