HQ9+ / HQ9F+ / HQNSFPL9+

 2ヶ月ほど前に、はてブやIRC等でFizzBuzz問題ってのが流行になりましたよね。その関連でWikipediaにFizzBuzzな項目を翻訳投稿したことがあるのですが、今朝その項目の関連で面白い言語を3つ知ることができました。詳細はタイトル (HQ9+ など3種類)をそれぞれぐぐってみて下さい。オリジナルであるHQ9+そのものは2005年頃かそれ以前にリリースされたジョーク系プログラミング言語で、以下のようなコマンドというか仕様があるようです(というか、それだけしかない!)。

  • H : 「こんにちは世界」な世界一有名なプログラミング系英文を出力
  • Q : プログラムのソースコードを「自己出力」
  • 9 : 99 bottles of beer on the wall (数え歌らしい)を出力
  • + : アキュムレータをインクリメント

つまり、世界一短い「こんにちは世界」が書けちゃうようです。ソースコードは「H」ただ1バイトだけなのですから。

HQ9F+ は、上記に加えてFizzBuzz問題の出力機能付き。fコマンドがその出力に対応しており、++++++f (一例、f の前の + の文字数を増やしたり減らしたり) でFizzBuzz問題をすらすら表示します。日本人が5/21頃にネタで作ったようです(^^;

HQNSFPL9+(6/6リリース?)になると、fコマンドがフィボナッチ数(HQ9F+との互換性無し)、nでハノイの塔?、えとせとら(翻訳めんどくさい^^;)と、もうわけわからん領域に突入しており、Ruby作者さんが今年の6/8の日記でネタにしていました。一文字コマンド増やしすぎてもはやジョークの領域ではなくなってるような。

以上、Wikipediaで偶然HQ9+の項目を目にしてニヤリとしたので、mixi、Twitter、ここ(はてダ)の3箇所で同じネタを使いまわししてしまいます(^^;;; この手の「ソースコードがネタ化」してておもろい言語に出会ったの、Whitespace以来ですねえ。

投稿者: あさあさ

<あさあさ>だったり<あさあさみっくす>だったりする人。Twitterや.tkドメインみたいな先客がいなくてラッキーならあさあさでいくんだが、大概は既出なのでみっくすつけてみる。 _ があったりなかったりするのは、サービスの仕様によるゆれである。